あほニュース.zip

脳の力が抜けるような記事を取り上げています(仮)                               近況:転居とか完了しました。通常業務再開。

最近の記事

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-27

サザエがよそに男を作っていたようです

【ニュー速VIP】サザエがよそに男を作っていたようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:34:56.12 ID:bvvpvKqC0
マスオ「サザエの奴、帰り遅いなぁ・・・」



~Fin~
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:36:10.38 ID:Z5IFrDwy0
~第二章開幕~

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:38:05.52 ID:bvvpvKqC0
マスオ「カツオ君、サザエがどこにいったか知ってるかい??」

カツオ「(ぎくっ)し、知らないよぉ!」

(あのことがマスオさんにばれたら大変だ~~・・・)

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:40:05.00 ID:bvvpvKqC0
カツオ「ワカメ、あのことは絶対にマスオさんに言うなよ」
ワカメ「お姉ちゃんのこと?」
カツオ「そうそう」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:41:34.53 ID:bvvpvKqC0
ワカメ「でもお姉ちゃんも、どうしてあんなことしてるんだろう・・・嫌だな」

カツオ「姉さんも女なんだから仕方ないよ」
 
     ガラッ

マスオ「どうしたんだい?何の話をしてるんだい?」

カツオ「(ぎくっ) な、なんでもないよぉ!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:41:59.69 ID:bvvpvKqC0  






             ~Fin~

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:42:31.20 ID:7RZWIViA0
~第三章開幕~

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:44:32.55 ID:bvvpvKqC0
マスオ「そうかい。なんか様子がおかしいけど」

カツオ「そ、そんなことないよぉ?」


      いーそーのーーーー

カツオ「あ、中島が来た!ちょっと出かけるね」

マスオ「行ってらっしゃい(これは何か裏がありそうだな)」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:47:41.21 ID:bvvpvKqC0
マスオ「サザエは帰ってこないし、カツオ君はでかけたし・・・そうだ!」

     テクテクテクテクテクテクテクテク

マスオ「(ガラッ)ワカメちゃん、ちょっと話が・・・」

ワカメ「いく、いくぅうう!!いっちゃぅうう」

マスオ「邪魔するのは無粋というものだな・・・」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:49:50.15 ID:bvvpvKqC0
マスオ「そうだ、お父さんなら何か知ってるはずだ!!」


  テクテクテクテクテクテクテクテクテク


マスオ「(ガラッ)お父さん、ちょっと話が・・・」

波平 「(カチカチカチカチ)今日はいいサンプル動画ないなぁ・・・」

マスオ「(しょげているからそっとしてあげよう)」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:52:33.74 ID:bvvpvKqC0
マスオ「あとは、お母さんしかいないな」


    テクテクテクテクテクテクテクテクテク

マスオ「(ガラッ)お母さん、ちょっと話が・・・」

フネ 「私の濡れているおまんこを想像して、右手をゆっくり動かしてごらん?ウフフ」

マスオ「(テレホンセックスを中断させることは、人権侵害に匹敵することだ・・・)」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:55:11.76 ID:bvvpvKqC0
マスオ「いやぁ、困ったなぁ、誰もいないや」

マスオ「とりあえずお腹がすいたから、吉野家でも行くか・・・」


テクテクテクテク

       吉 野 家 に て

マスオ「豚、大盛り、あと卵」

バイト「へい、こちら水です」

マスオ「あと汁ダクで」

バイト「かしこまりました!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:57:02.43 ID:bvvpvKqC0
マスオ「誰かから電話来てないかな?」

マスオ「(ぱかっ) ・・・来てないや・・・」

マスオ「センター問い合わせ、と」

マスオ「・・・0件だ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 01:58:56.78 ID:bvvpvKqC0
マスオ「最近、女の後輩が露骨にいやな態度で接してくるんだよなぁ」

マスオ「俺嫌われてるのかなぁ・・・友達もいないし」

マスオ「お昼ご飯は会社のトイレで食べてるし・・・休日は家にいるし」

マスオ「俺・・・終わってるなぁ・・・はぁ・・・」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:00:38.34 ID:bvvpvKqC0
マスオ「もう、いっそ、死にたい・・・」

バイト「豚丼、おまたせしました」

マスオ「豚丼うめぇな、でもサザエの手料理は・・・もっとうまかったな・・・」


店を出るマスオ

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:02:01.92 ID:bvvpvKqC0
マスオ「今日は寒いなぁ・・・クリスマスイブだからなぁ・・・みんな今頃楽しんでるんだろうなぁ」

マスオ「婿養子なんてなるんじゃなかったよ・・・親にはへこへこしなきゃいけないし・・・」

マスオ「もう、俺、生きてる価値とか・・・あるのかな?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:03:50.31 ID:bvvpvKqC0
マスオ「こんな日には、早く家かえって、ラジオでも聞くかなぁ・・・」

マスオ「あれ?あれ、サザエじゃないか??」



とおりの向こうには男と歩くサザエの姿

マスオ「え?なに?これなに?どうすればいいんだ?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:06:58.61 ID:bvvpvKqC0
マスオ「これはもしかして浮気・・・」

マスオ「いや、違う、サザエに限ってそんなことない。あれサザエじゃないな」

マスオ「いやぁ、でも昔から気になってたんだけど、俺童貞だったのに、サザエ処女じゃなかったんだよなぁ」

マスオ「サザエの奴、裏では遊んでるのかなぁ、とりあえず服装を覚えておこう。上がデニムのジャケットで、下がミンクのホットパンツだな、覚えた」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:08:17.51 ID:bvvpvKqC0
マスオ「いったん家に帰ろう、家に帰ってサザエが帰ってきたときにあの服装だったら」

マスオ「サザエは浮気していることになるな・・・」

マスオ「どうか、神様、そんなことはありませんように・・」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:10:27.66 ID:bvvpvKqC0
マスオは家路を急いだ。

楽しげなカップル、イルミネーションに彩られた町並み、それらを見るのがいやだったので

ずっとうつむいたまま、走った。走りながら頬を伝わる液体が

自分の涙なのか、それとも、クリスマスを祝福する雪なのか、

それもわからないままに。。。

 
     ~Fin~

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:11:06.75 ID:L6OxHKz40
~第4幕~

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:14:55.76 ID:bvvpvKqC0
マスオ「といあえず、お風呂に入ってサザエの帰りを待つか・・・」

テクテクテクテクテクテクテク


マスオ「まずは服を脱いでと、よし入ろう!(がらっ)」

ワカメ「きゃああああああああああああああああああああああああ」

マスオ「ち、違うんだよ、違うんだよ」

ワカメ「じゃあ、そのおったっているイチモツはなんなのよぉぉぉおぉお」

マスオ「こ、これは、違うんだよ」


マスオの中で不思議な感情が芽生えた。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:16:23.64 ID:bvvpvKqC0
マスオ「ワカメちゃん、ごめんよぉぉぉ」

ワカメ「うっさい。どっか行け、豚めがね」

マスオ「・・・・・」

マスオ「(とりあえず、部屋に戻ろう)」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:17:35.62 ID:bvvpvKqC0
マスオ「ワカメちゃんに、誤解されちゃったなぁ・・・」

マスオ「でもワカメちゃん・・・きれいだったな・・・毛も生えてないし」


マスオは無意識のうちに右手を動かしていた。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:20:29.84 ID:bvvpvKqC0
フネ「マスオさんにビールでも飲まして、今夜は早く寝かしつけようっと♪」

フネ「(がらっ)マスオさん、ビール・・・」

マスオ「あ、あ、違うんです、あ、あのぉ、!!そのぉ、、、ちょっとパンツにごみが・・・」

フネ「いや、まじで引いたわ」

マスオ「いや、本当に違うんですよ、お母さん、お母さああああん」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:23:42.13 ID:bvvpvKqC0
波平「ど、どうしたんだ、大きな声出して・・・あ、マスオ君」

マスオ「あ、お父さんまで!!あ、本当に違うんです、誤解しないで下さい」

タラオ「zzzzzzzzzzz(これは寝たふりをしたほうがいいかもわからんね)」

波平「寝ているタラちゃんの横で・・・君は・・・軽蔑したよ」

フネ「・・・・・・いや、まじで、ひいたわ・・・・・・」

マスオ「本当に誤解なんです!!!!」

波平「・・・・・・・・・・・・・・・」

フネ「・・・・・・・・・・・・・・・」




マスオ「・・・・・・・・・・・・・・・」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:26:44.67 ID:bvvpvKqC0  

      波 平 の 寝 室 に て

波平「しかし、マスオ君も相当たまってるみたいだなぁ」

フネ「でも、オナニーはいけませんよ」

波平「これが本当の『マスかき』、なんちって」

フネ「・・・お父さん素敵、そのユーモア素敵」

波平「母さん・・・きれいだよ(がばっ)」

フネ「だ・め・ 電気を消してからですよ」


       カチッ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:31:51.34 ID:bvvpvKqC0
マスオ「あぁ、終わった。人生終わった」

マスオ「そうだ、こんな時はアナゴ君とメッセでもしよう」


マスオの発言            :おいすー^^
アナゴ@今日はクリスマスイブの発言 :なに?
マスオの発言            :今何してるの?ちょっと聞いてよぅ
アナゴ@今日はクリスマスイブの発言 :ごめん、今無理だわ。
マスオの発言            :ちょっとだけでいいからさ。
アナゴ@今日はクリスマスイブの発言 :なに、早くして 内容は?
マスオの発言            :内容はないよう^^

アナゴ@今日はクリスマスイブはオフラインなのでメッセージが送信されない可能性があります。



マスオ「・・・・・・アナゴ君・・・・・・・・」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:35:07.16 ID:bvvpvKqC0
マスオ「とりあえず、サザエの帰りを寝ずに待とう」

マスオ「待っている間暇だから、オンラインゲームでもしてようっと」

マスオ「一応、電気は消して、と」



カツオ「中島と遊んでたらこんなじかんになっちゃったよ・・・誰もおきてませんように」

カツオ「しめしめ、真っ暗だぞ。よかったぁ。あれ?

カツオ「マスオさんの部屋から、青い光が漏れてる・・・何してるんだろう?」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:37:57.59 ID:bvvpvKqC0
カツオ「(そぅーーっと)ん??」


マスオ「うはww誰かアイテム交換しろよwwウザスwwwテラウザスwww
    聖なる山に一緒に言ってくれる人もいないし、ましてやこのレベルで
    あそこの『スペニダー』を倒すのは到底不可能だしなぁ、はぁ、しかし
    この世界観が非常にたまらないでござるよ、拙者。」


カツオ「きもいな・・・(見なかったことにしよう)」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:39:22.54 ID:bvvpvKqC0
マスオ「ゲームやってたらもう朝の10時になってしまった。でもサザエは帰ってこないし」

マスオ「みんな寝てるしなぁ、、、どうしよう」

マスオ「俺も寝るか」


いわゆる昼夜逆転である。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:41:29.69 ID:bvvpvKqC0
マスオ「ん~~っと、あ、ちょっと寝すぎたかなぁ・・・げっ、もう6時だ」

マスオ「ちょっと寝すぎたな」

マスオ「誰かいるかなぁ、あ、置手紙だ」



 マスオさんへ

今日はクリスマスなので、みんなでご飯を食べに行ってきます。
留守番をよろしくお願いします。


マスオ「・・・・・・・・・・・・・」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:43:27.23 ID:bvvpvKqC0
マスオ「今年は24日が土曜日で、25日が日曜日だから、お父さんも仕事ないし、みんなで行ったんだな」

マスオ「ってか誘ってほしかったなぁ・・・寂しいなぁ」

マスオ「ちょっとワカメちゃんの部屋に行って、パンティーの匂いでも嗅ぎながらオナニーしようかな」

マスオ「(がちがち)、だめだ、鍵かかってる。用心してるんだなぁ」


マスオ「今日も一段と冷えるなぁ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:45:24.26 ID:bvvpvKqC0
マスオ「昨日吉野家行っちゃったから、もう200円しかないや、吉野屋行けないや」

マスオ「とりあえずコンビニでカップラーメンでも買って食べよう」


マスオはコンビニへと向かった。

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:48:35.24 ID:bvvpvKqC0
マスオ「この、『本場ラーメンシリーズ』は238円だから買えないや・・・」

マスオ「こっちの日清のやつにしよう」

マスオ「あれ、さっきからレジの子がじろじろ見てるな、しかも結構かわいいしな」

マスオ「こんな日にバイトってことは・・・彼氏いないだろうな!」

マスオ「サザエだって浮気してるんだから、俺だって浮気してやるよ!!」



バイト「一点で158円でございます」

マスオ「ちゃりん」

バイト「200円お預かりいたします。

マスオ「(よし、今だ!!)」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:50:12.40 ID:bvvpvKqC0
マスオ「君、か、かわいいですね」

バイト「は?え?」

マスオ「さっきから俺のことじろじろ見てたでしょう?俺も君の事気になってたよ」

バイト「・・・・え?」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:53:30.23 ID:bvvpvKqC0
マスオ「今日、何時に終わるの?」

バイト「え?  店長ぅぅぅぅぅぅうぅぅ」


     店長が裏から出てきた

店長「どうしたんだ?」

バイト「なんかきもい人が・・・」

店長「お客様、困るんですけれども・・・」

マスオ「ち、違います、誤解なんです!!!111」

店長「今日のところはお帰りください。」

マスオ「あ、でも違うんですよ、本当にそういうのじゃないんです!!11」

店長「もういいですよ」

店を出るマスオ

マスオ「(これでもうこのコンビニには来れないな)」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:55:54.25 ID:bvvpvKqC0
マスオ「もう、死にたいな」

マスオ「思えば中学校の頃から『めがね』って呼ばれてたなぁ」

マスオ「いじめって言うか、無視されてたなぁ、修学旅行の班も無理やり入れてもらってたし」

マスオ「生きる意味が見出せないや」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 02:57:48.53 ID:bvvpvKqC0
マスオ「とりあえず、帰ってカップラーメンを食べよう」

マスオ「日清のカップラーメンはうまいなぁ・・でもサザエの手料理が・・・食べたいな・・・」

マスオ「食べ終わったらオナニーして寝よう。」

マスオ「明日はいいことがありますように」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 03:01:33.80 ID:bvvpvKqC0
マスオ「とりあえず父さんのパソコンで抜くか」

マスオ「うわ、父さんのパソコン初めて見た!へえ、nyとかやってんだなぁ。」

マスオ「とりあえず、この『3年C組、健康診断盗撮』ってやつで抜くことにするか」

マスオ「最近の中学生は発達してるんだな」


そのころ

フネ「しかし、マスオ一人でお留守番ってかわいそうだわね」

カツオ「うん、今日は早く帰ってあげよう。」

ワカメ「お土産にプリンでも買っていってあげようよ♪」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 03:06:01.98 ID:bvvpvKqC0
マスオ「いやぁ、この子いいなぁ!!抜けるなぁ!!初恋の子に似てるしなぁ・・・」

マスオ「おっぱいの形なんかもいいし、大きさも程よいし、乳首もきれいだし」

マスオ「ってかヘッドフォンし忘れてたよ^^テヘヘ」

マスオ「初恋の由美ちゃんもこんな感じなんだろうな」


マスオは昔を思い出して涙を流していた。

 
       そ の こ ろ

カツオ「ガラガラ、ただいま!!」

ワカメ「マスオさん、プリンあるよーー、あれ、父さんの部屋からなんか泣き声が聞こえる。


マスオ「由美ちゃーーん、由美ちゃーーん」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 03:09:13.98 ID:bvvpvKqC0
波平「マスオ君も一人で留守番して、辛かったんだろうな、子供たち、行ってやりなさい!!」

カツオ&ワカメ&タラオ「はーーいい」


ワカメ「(ガラガラ)、マスオ兄さん、プリン、きゃああああああああああああああああ」

マスオ「由美ちゃーーーーーん、由美ちゃーーーーーーん、ゥグゥグ」

サザエ「ワカメ、どうしたの?」

ワカメ「あ、あれ」

サザエ「きゃああああああああああああああ」


マスオ「由美ちゃーーん、由美ちゃーーん、ゥグゥグゥグ、由美ちゃーーん」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 03:17:23.56 ID:bvvpvKqC0
波平「マスオ・・・君?」

マスオ「ちょっと由美ちゃんで思い出し泣きしすぎたな・・・テヘヘ^^、さて、次はどれで抜こうかなぁ」

マスオ「この、『超絶!女子高生痴漢列車』で抜こう!!痴漢もの大好きだから」



カツオ「ねえ、母さん、どうして、マスオさんは気づかないの?」

フネ「あのヘッドフォンはかなりいいものなのよ・・・放っておいてあげましょう。」

波平「そうだな、放っておいてあげよう。」

タラ「子供だからよくわかんないですぅ(つい最近までこいつの精子だったのかよ・・・)


マスオのオナニーは8mmで撮影されることになった。これはサザエの提案である。

この後、マスオはどうなったのか、それは誰も知らない。風の噂では稚内のカニ工場で働いているらしい

しかし、8mmに収められたマスオが精子を出す瞬間の顔は、それまでのどんな顔よりも生き生きしていた。

これが本当の「イキ顔」である。


       ~Fin~

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 03:22:34.64 ID:2T5XKcE7O
~第五部開幕~

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/27(木) 03:23:37.19 ID:bvvpvKqC0
ID:bvvpvKqC0先生の次回作にご期待ください


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://news4u.blog51.fc2.com/tb.php/608-ed83c4b6

  | HOME | 

日付別アーカイブ

月別アーカイブ

カテゴリ

最近のコメント

トラックバック

案内所

リンク元の一覧はコチラ

よく分からないスペース

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。